進化をやめた西野JAPAN。目指すのは「パスを繋ぐサッカー」

f:id:Forthejuve8:20180422220227j:image

image@twitter

 

  JFA日本サッカー協会)はヴァヒド・ハリルホジッチ監督の解任を日本時間9日に正式に発表。後任は元技術委員長の西野朗氏が務めることが決定した。

 

  ハリルホジッチ氏は従来の日本サッカーにはなかった“縦に速い攻撃”を目指し、デュエル(1vs1)でボールを奪ってから前線に長いボールやくさびのパスを入れてカウンターを仕掛けていくスタイルを採用していた。

 

 

  自身の採用する戦術に適合する選手を見つけるため、海外組・国内組問わず今までに多くの選手を招集。特にEAFF E-1サッカー選手権や親善試合では、新戦力発掘のため結果よりもW杯本番を見据えた采配を振るってきた。


  しかし、JFAは大会2ヶ月前という異例の時期にハリルホジッチ氏を解任を発表。

 

  会見では「残り2ヶ月でどういうサッカーを目指す?」という記者の質問に対しJFA会長の田嶋幸三氏は「ボールを繋ぐサッカー」と解答。「これは私の意見だから」と続けたものの、ハリルホジッチ氏が目指したスタイルとは違う路線で本大会に臨む意向を示した。

 

  それならば、ハリルホジッチ氏が積み上げてきた3年間とはいったいなんだったのだろうか。もちろん同氏が本大会で結果を残すことができたかどうかは誰にもわからない。しかし、日本が取り入れた新たなスタイルが世界の強豪を相手にどこまで通用するかどうかを検証できる機会は失われてしまった。

 

  例えロシアの地で西野JAPANが結果を残せたとしても、それは偶発的なものであって積み上げたものからは何も得ることのできない、何も残らない大会になるだろう。それならばハリルホジッチ流の従来とは異なるサッカーで惨敗した方が得られるものは大きかったはずだ。

 

  会長の言うような「パスを繋ぐサッカー」を戦術の軸としてチームを構成するのであれば、そもそもハリルホジッチ氏を招聘したこと事態が間違っている。

 

  前回のブラジル大会で「このままでは勝てない」という意識が芽生えたからこそ、今までとは違う方向に舵を切ったのではなかったのだろうか。

 

  この国は一度変化を求めて歩き出したのにも関わらず、再び歩みを止めてしまった。日本サッカーの未来に暗雲が立ち込める。